博士のシュールで妖しい世界へようこそ


by hiralin1951
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ニューヨーク( 2 )

金と力の街

a0093202_163573.jpg

a0093202_16352699.jpg

a0093202_16354775.jpg

以前、N.Y.のことをあまり好きではないと書きました。
それは印象を一言で言えば、金と力の街という感じだからです。
実際、女性に対してもアピールするものがないと、恋愛の対象にならないという雰囲気です。お金持ち、地位・名声がある、体格が良い、ルックスが良い・・・・・・。分かりやすくアピールするものを求められる。ある女性に言われました。“あなたは何をアピールできるの?”・・・・・・・・
映画もそうです。ビジネスとしていかに大きく金にできるか。そうなるとエンタテイメントが一番です。人間を描くというヨーロッパの映画作りとは異なります。
人間として内面がいくら良くても、それが世間に通用するものとして具体的でないと駄目なのです。N.Y.はそれが顕著だったのかもしれません。
当然、お金は持っているが教養も品もない、と嫌うヨーロッパ人も数多くいます。金で横面叩いて力でねじ伏せるみたいな感じですね。実際かなり野蛮な部分もあります。現大統領は、そういった体質の象徴的な存在に感じられます。
そういうことがある程度分かってきた時に、N.Y.を脱出すれば良かったのですが、いろいろ事情が出て来てしまって。その後に計画していた世界一周するための資金を稼ぐためには良い所であり、女性のこともあり、また英語がもう少し話せるようになりたいなど、なかなか抜け出せませんでした。

注:正月なので写真はお目出度い感じにしました。ご利益がありそうな美尻です。

にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
by hiralin1951 | 2006-12-30 23:49 | ニューヨーク

年齢

a0093202_170017.jpg

かなり前のことになりますが、N.Y.に住んでいたことがあります。
いろいろな理由があって住んでいたのですが、それほど好きな街ではありません。でも良い意味で大きく影響を受けたこともあります。年齢を気にしないということもその一つです。
一番印象に残っているのは、一人のストリートパフォーマーです。その白髪の混じった初老の黒人女性は、地味な服を着てギターを弾きながら歌っていました。弾き語りではなく、シャウトするように歌い、激しくギターをかき鳴らしていたのです。上手くないのですが、気にする風でもありません。日本ではあり得ないその光景に驚き、しばらく見ていた覚えがあります。
それ以外にもおじいちゃんのローラースケーター。ウォークマンを付け、音楽に合わせて踊り滑る姿は優雅でした。腰が曲がり杖をついたおばあちゃんの真っ赤なショートパンツ姿。太って頭の禿げたおじさんのモダンダンス。彼は大汗をかきながら必死にみんなに合わせていました。
人の目を気にしない人たちの楽しくなるような様々な光景。
迷惑をかけなければ年齢に関係なく何でもやるという精神は、当時の私には非常に新鮮に映ったのです。

にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
by hiralin1951 | 2006-12-15 20:22 | ニューヨーク