博士のシュールで妖しい世界へようこそ


by hiralin1951
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

3人の女

a0093202_2146931.jpg

a0093202_22191150.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-07-14 21:51 | 関係

横たわる女 立つ女

a0093202_178426.jpg

a0093202_179739.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-07-12 21:46 | 関係

薔薇  女

a0093202_1957517.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-07-11 20:00 | 白粉
a0093202_20294190.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-07-10 20:22 | 白粉

ケツは熱いうちに打て

a0093202_2059216.jpg

a0093202_1742650.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-07-09 21:02 | 白粉

渚ホテル . 14

a0093202_135168.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-07-06 22:04 | ホテル

渚ホテル . 13

a0093202_2073456.jpg



「偉大な絵画はすべて内臓から出発している。シャルダンやギュスタブ・モローは、パレットを糞色で飾っている。金色や料理、あるいは静物を暗示するためには、シエナ土、オーカー色、褐色、黄色、栗色を、すなわち排泄物の色を使うほかはない。糞尿趣味的固定観念は、高邁な造型的主題に起源をもっているのだ。そこで、ダイヤを満載した金持ち女を見るたびに、わたしは内心でそれらの高価な宝石類を、彼女の首、胸、両手を飾りたてる同数の糞に変質させて彼女が人間の本性から遠ざけよう、忘れようと努力している真実をこれ見よがしに陳列してやりたい、という衝動を抑えることはできないのだ。」
(ダリ『告白できない告白』山根和郎訳、二見書房)


にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-07-02 20:11 | ホテル

渚ホテル . 12

a0093202_1834565.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-06-29 18:35 | ホテル

渚ホテル . 11

a0093202_16581436.jpg



にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-06-27 20:56 | ホテル

渚ホテル . 10

a0093202_2114883.jpg



生命力ということを考える時、表面的なスタイルが良いとか可愛いとかではなく、その人の持つ個性や面白さということになるだろう。そこにおいては、すべての肉体は等価値であって、きれいも醜いもないのである。
ちびものっぽも、デブも痩せっぽちも、老いも若きも、みんな個性的で面白い。
表面的な美醜に捕らわれるからモデルに向いている、向いてないということになる。
美の基準も、文化が違えば大きく変わる曖昧なものである。
すべての人にはそれぞれ面白い個性があり、エロスがある。そういった視点からすれば、すべての人がすばらしいモデルである。
それぞれの身体にはその人の歴史が宿っている。どんな身体であっても、それが個性なのである。いろいろな個性が存在している、そのことだけで面白いし価値がある。
その存在の面白さを表現したい。
エロティックに。
自分の感性で。


にほんブログ村 美術ブログへ←クリックお願いします。
[PR]
# by hiralin1951 | 2007-06-22 21:22 | ホテル